So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

マラヴィータ (アメリカ/フランス・2013年) [面白かった映画]

 監督はリュック・ベッソン。
 原作はトニーノ・ブナキスタ。
 脚本はリュック・ベッソンと、マイケル・カレオ。
 出演はロバート・デ・ニーロ。
 主人公は元マフィアのボスだったフレッド。妻と2人の子供と共に田舎に引っ越して来たが、敵対していたファミリーのボスをFBIに売ったため、復讐を逃れて各地を転々としていた。FBI捜査官が監視の目的で、たびたび訪ねて来るが、敵の殺し屋から狙われ、フレッドだけでなく、妻と2人の子供たちも勇敢に立ち向かっては逃げ惑う。
 タイトルの『マラヴィータ』とは、一家が可愛がっている愛犬の名前。
 主人公のキャラクターも面白いが、妻と2人の子供も尋常ではない家族。悪知恵と勇気を発揮して、殺し屋も世間も怖れないというキャラクターぞろいが、面白かった。元マフィア一家を次々襲うトラブルを、コメディ・タッチで面白おかしく描いた軽妙な雰囲気の映画だった。

99-2.gif
 

共通テーマ:映画

恋多き女 (フランス・1956年) [面白かった映画]

 監督はジャン・ルノワール。
 脚本はジャン・ルノワールと、ジャン・セルジュ。
 主演はイングリッド・バーグマンと、ジャン・マレー。
 主人公はポーランドの公爵未亡人エレナ。親しい男爵夫人から、成功した実業家ミショーとの再婚をすすめられる。無名の作曲家からもプロポーズされるが、エレナは断り、経済状態が不安な伯母のために、ミショーとの結婚を承諾。革命記念日の日、パリ祭で賑わっている街中に出たエレナは、アンリ侯爵と知り合い、英雄ロラン将軍を紹介される。ロラン将軍はエレナに想いを寄せるが、エレナが最後に選んだのはアンリ侯爵だった。
 いかにもフランスふうラブ・コメディと言える感じの恋愛ドラマだが、イングリッド・バーグマンの魅力はあまり出ていなかった。何人もの紳士たちから想いを寄せられる公爵夫人らしさは出ているのだが、この喜劇映画にイングリッド・バーグマンが、あまり、しっくりこないというか、適役に感じられなかった。
 けれど映画全体に、フランスのドタバタ恋愛喜劇の面白さを感じさせるのは、ジャン・ルノワール監督の才能かもしれないとも思った。
 ロラン将軍の役を演じたジャン・マレーが魅力的で、イングリッド・バーグマンのエレナと結ばれるようにと思いながら観ていた。結ばれなかった理由が、シリアスなストーリーではないからサラリと描かれてしまっているのが、ちょっぴり、もの足りない感じ。ジャン・マレーのほうが、メル・ファーラーより、イングリッド・バーグマンの恋人役としては絶対、似合うし、適役。
 この映画の撮影時、43歳のジャン・マレーの演技や雰囲気など、独特の魅力が印象深くて堪能できた。  

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

ア・フュー・グッドメン (アメリカ・1992年) [面白かった映画]

 監督はロブ・ライナー。
 原作はアーロン・ソーキン。
 脚本はアーロン・ソーキン。
 主演はトム・クルーズ、ジャック・ニコルソン。
 キューバのアメリカ海軍基地。海兵隊員が就寝中、何者かに殺害される。2人の兵士が犯人とされ、起訴されるが、事件は〈コードR〉という暴力的制裁があったことが判明。被告の弁護を任命されたキャフィー中尉が、助手と共に調査を開始し、真実を究明していく。
 舞台劇の映画化ということだが、〈コードR〉の命令がからんだ、面白い法廷サスペンスだった。
 最高指揮官の大佐役を演じたジャック・ニコルソンの存在感が、際立っていた。
 面白かったけれど、主役が他の俳優なら、もっと楽しめた。そのことを、後日、テレビで見た映画の感想を、2人の知人と話していた時、この映画を観た知人男性が、「トム・クルーズ、良かったと思う」と、言うので、「そうお? 表情が乏しくて、あまり好きな俳優じゃないわ」と私。「そう言えば、いつも同じ顔してる」と、気がついたような口調の知人。「でしょう? 表情も大事な演技。たとえば、まなざしだけで演技のできる俳優が好きだわ」「ああ、なるほどね」「ストーリーは面白かったわ。法廷サスペンスって大好き」「そうですね。法廷ものって、結構、面白いですよね」「日本の映画は、駄目だけど。私は、ほとんど洋画ばかり観るの。法廷で弁護士と検事の丁々発止って、面白いわあ」「ハハハ、そうですか」
 そんな会話のやり取りをした。2人の知人の職業は――。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

誘う女 (アメリカ・1995年) [少し面白かった映画]

 監督はガス・ヴァン・サント。
 原作はジョイス・メナード。
 脚本はバック・ヘンリー。
 主演はニコール・キッドマン。
 主人公はテレビでお天気キャスターをしているスーザン・ストーン。テレビで有名になりたい、華やかなニュース・キャスターになりたいという野望をかなえるため、セックスの虜にした少年に、邪魔な夫を殺害させる。
 1990年、実際に起こった、22歳の女性教師が15歳の少年を唆して夫を殺害させた事件をもとにした小説が原作。
 ストーリーにサスペンスの面白さはあり、ニコール・キッドマンのコケティッシュな熱演も伝わってくるが、登場人物の誰一人、共感・好感・興味を、感じさせられないところが、もの足りなかった。
 嘘を嘘で塗り固めていく悪女のキャラクター。不良少年たちのキャラクター。ありふれた描き方の悪女であり、不良少年たち。
 映画でも小説でも、主役の悪女というのは、悪女の魅力が伝わってこなければ、面白さは半減する。私にとって、悪女の魅力とは、ルックスだけでなく、謎めいて、神秘的で、ミステリアスな魅力。この映画の主人公には、それらがなかった。
 ラストで、罰が下されたように、スーザンの身に惨劇が起こるという結末は、予想外だった。 

12-4.gif


共通テーマ:映画

パリより愛をこめて (フランス・2010年) [面白かった映画]

 監督はピエール・モレル。
 脚本はアディ・ハサック。
 主演はジョン・トラヴォルタ。
 主人公はフランスのアメリカ大使館員ジェームズ・リース。実はCIA見習い捜査官。CIAから麻薬捜査にやって来たワックスの相棒を任じられ、ドラッグ密売に関わるテロ組織と闘って行く。
 主役のジョン・トラヴォルタが、わりと良かった。
 ロマンティックな邦題に期待して観たら、ちょっぴり、もの足りない内容。
 パリで開かれる国際サミットに集まる、各国の要人を狙ったテロを阻止するシーン。似たようなストーリーの映画を観たが、それなりに面白いサスペンス・アクションだった。

99-2.gif


共通テーマ:映画

あしたのジョー 劇場版(日本・1980年) [少し面白かった映画]

 監督は福田陽一郎。
 原作は高森朝雄(梶原一騎)、ちばてつや。
 脚本は福田陽一郎。
 声の出演はあおい輝彦、他。
 主人公は、プロ・ボクサーのチャンピオンを目指している少年・矢吹丈。愛称は、ジョー。少年院に入っているジョーを見込んでいる、元プロボクサーの丹下が、ボクシングの基本をハガキに書いて毎日送る。少年院に入ったばかりの時、ジョーはリンチを受けるが、ボスの西を倒してしまい、2人の間に友情が生まれる。やがて、凄絶なリンチを受けたり、脱走を試みたりするが、宿命のライバルとなる力石と出会い、負かされてしまう。出所したジョーは、西の事務所に入り、チャンピオンを目指す。
 久しぶりにアニメを見るのも新鮮かしらと思ったのだが、一時期、ファンだったあおい輝彦が主人公の声の出演なので、興味を持った。
 原作が、『少年マガジン』に連載された作品と知っていたし、主人公のキャラクターも予想していた。
 けれど、ジョーのキャラクターは、私の予想とは違っていた。もっと純真無垢な少年、一途で、魅力のあるキャラクターと予想していたら、そうではなかった。ちょっとヒネくれた感じに近く、
(こういうキャラクターだったのね)
 と、意外な気がした。
 久しぶりにアニメを見て、確かに少しは新鮮な気分だったが、ストーリーもキャラクターも他の登場人物も、そう楽しめたというほどでもなかった。当然だが、雑誌連載向け、少年向け、という原作の面白さは、あるような気がした。
 あおい輝彦の、声の出演は良かった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

インサイド・マン (アメリカ・2006年) [面白かった映画]

 監督はスパイク・リー。
 脚本はラッセル・ジェウィルス。
 主演はデンゼル・ワシントン。
 4人の銀行強盗が、マンハッタンの銀行を襲い、客と従業員を人質にして立てこもる。覆面とジャンプスーツ姿の強盗たちは、人質全員に同じ格好をさせ、警察の眼を混乱させる。担当となった刑事が、強盗たちのピザの要求に応じる指示。ピザの箱に盗聴器を仕掛けたが、見抜かれてしまう。強盗たちの目的は、銀行のお金以外の強奪で、貸金庫の中にある物だった。
 刑事役のデンゼル・ワシントン、弁護士役のジョディ・フォスター。どちらも、可もなく不可もなし、という感じ。
 人質全員に同じ格好をさせるとか、お金以外の目的の犯人の要求など、ストーリーはそれなりに面白いクライム・サスペンスだった。

99-2.gif




共通テーマ:映画

猿の惑星 (アメリカ・1968年) [面白かった映画]

 監督はフランクリン・J・シャフナー。
 原作はピエール・ブウル。
 脚本はロッド・サーリングと、マイケル・ウィルソン。
 主演はチャールトン・ヘストン。
 宇宙船が、1年半の航行後に、未知の惑星に着陸し、湖に沈没。宇宙飛行士たちは、初めて降り立った地で、猿の群れを眼にして驚愕する。その世界では、言葉を口にする猿たちは高等動物、口のきけない人間たちは下等動物。猿が人間を奴隷にしたり、人間狩りをして、檻の中に人間を閉じ込めている。宇宙船の隊長テイラーたちは、猿に見つかって捕獲されてしまうが、脱走を試みる。
 以前、この映画を初めて見た時、予想以上に面白くて楽しめた。最初は、タイトルもジャンルも、気乗りしなかった。SFはあまり興味がないし、動物嫌いだからである。
 けれど、見始めてすぐ、面白くて引き込まれた。人間と猿が逆の立場という設定の面白さと、サスペンスの面白さを感じたからだった。
 登場人物たち、というより、多くは猿たちの、さまざまなキャラクター。ストーリーの奇抜さ、斬新さ。ラストシーンは、意外な結末で、忘れ難いほど印象的。
 チャールトン・ヘストンが、実に適役。猿たちの表情や演技も面白い。
 SFにあまり興味のない、動物嫌いの私を、ハラハラドキドキするサスペンスで、これほど楽しませてくれる映画は、他にないのではないかと思う。

12-4.gif


共通テーマ:映画

ブロンド・ライフ(アメリカ・2002年) [少し面白かった映画]

 監督はスティーヴン・ヘレク。
 脚本はジョン・スコット・シェパード、ダナ・スティーヴンス。
 主演はアンジェリーナ・ジョリー。
 主人公のレイニーは、ローカル・テレビ局のレポーター。高級マンションに住み、プロ野球のスター選手の恋人がいて、充実した生活ぶり。大手テレビ局から抜擢されることになり、その条件が、カメラマンと組み、技術を磨くことだったが、そのカメラマンは昔の恋人だった。彼と取材に行くと、マイクを向けた予言者のホームレスから、「あなたは一週間後に死ぬ」と告げられ、これまでの人生を見つめ直す。
 予言者のホームレスから、近い日の死を宣告され、こんなに幸せで満足できる人生を送っているのにと、死を否定しながらも動揺する主人公の内面が伝わってきた。恋、花形職業、ルックス、高級マンション――それらを手に入れて、幸福で満たされた生活を送る人間の儚(はかな)さのようなものを感じさせられた。
 やはり人間は、1つか2つは不満がある人生を送るように、神様に定められているのかもしれない。
 主役の女優はあまり好きではないが、ストーリーに興味を持った。
 
12-4.gif


共通テーマ:映画

歌劇『オテロ』英国ロイヤル・オペラ(プレミアムシアター・NHK BS) [オペラ]

 英国ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)2017年6月28日収録
 指揮=アントニオ・パッパーノ
 演出=キース・ウォーナー
 作曲=ジュゼッペ・ヴェルディ
 原作=ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『オセロ』
 管弦楽団=英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
 合唱団=英国ロイヤル・オペラ・ハウス合唱団
 出演=
 オテロ……ヨナス・カウフマン
 デズデーモナ……マリア・アグレスタ
 イアーゴ……マルコ・ヴラトーニャ
 他
         ☆
 久しぶりにテレビでオペラを観た。大好きな『オテロ』。年々、魅力的になってくるヨナス・カウフマン。ようやくワクワク気分で観る気になった。静まり返った夜、ワクワクワクワクしながら、ひとりワイン・グラスを手にして――。
 観始めて間もなく、ショックを受けた。
 全然、感情移入できない。全く、楽しめない。オテロの際立つキャラクターに、のめり込めず、ストーリーの面白さを感じられず、このオペラで一番好きと言っていい第3幕のデズデーモナのアリア『柳の歌』に、感性が熱く揺さぶられることもない。ライブではなくテレビでも、シアター・リモコンでクラシック・モードに設定して、感動でき、楽しめるはず、だった。
(変だわ、私、どうしちゃったのかしら)
 テレビ画面に眼を向けたまま、心で呟く。
(オテロの中にあるムーア人の荒々しい魅力が、全然、感じられない)
(デズデーモナの心情が、全然、伝わってこない)
(ライブじゃないせいかしら)
(プロダクションに問題があるということなのかしら)
(演出が良くないということなのかしら)
(指揮とかオーケストラのせいかしら)
(ヨナス・カウフマンがオテロになるのって、ちょっと、ピンと来ないというか、ちょっと予想つかなかったけど)
(久しぶりにテレビでオペラを観たせいかしら)
(ううん、違う、大事なのは感性、現在の私の感性に、問題があるということだわ)
(つまり、精神状態のせい、ということかも)
(やっぱり、このごろの私、どうかしちゃってるのだわ)
(どうかしてるって、薄々、気づいてた)
(時々、睡眠障害……時々、あることを考え始めると、動悸……時々、情緒不安定の日々だから?)
 永遠に終わりそうもない自問自答を繰り返し、
(ちゃんと、自覚症状があるし)
(そうだわ、思いきって、心療内科の診察を受けてみよう)
 そう思いつく。人生で生まれて初めての思いつき。興味のある心療内科を、経験してみよう。苦手な薬を多く飲まなくても治る方法が、あるかもしれない。
 この番組で、最初の1時間、舞台裏に密着したドキュメンタリー『ヨナス・カウフマン 輝けるテノール』は、それなりに楽しめた。

共通テーマ:映画
前の10件 | -