So-net無料ブログ作成
検索選択

崖っぷちの男 (アメリカ・2011年) [面白かった映画]

 監督はアスガー・レス。
 脚本はパブロ・F・フェニベス。
 主演はサム・ワーシントン。
『崖っぷちの男』という邦題から、大自然の中の崖をイメージしていたら、そうではなかった。原題は『MAN ON A LEDGE』。LEDGEは、壁・窓から突き出た棚の意味。主人公の元警察官ニック・キャシディは、罠にはめられて30億円のダイヤモンド強奪犯人の冤罪で逮捕されるが、父の葬儀の参列中に脱走。高層階にある高級ホテルに偽名でチェック・インし、窓枠の外の棚の上に立ち、今にも飛び降りるふりを見せて集まった衆人たちやマスコミの注目の的に。警察に、交渉人の女性刑事リディアを指名。やり取りの間、弟と恋人が、宝石所有の実業家の金庫室へと忍び込む。
 ハラハラドキドキ感を楽しめる面白いサスペンス・アクションだった。意外な展開のストーリーも面白い。ニックを罠にハメた男が、あの警察官かと思っていたら、別の警察官だったり、葬儀中の弟との喧嘩は芝居、さらに父は生きていて弟とともにニックの無実を晴らす協力者だったり。
 主役のイギリス出身の俳優サム・ワーシントンが味わいのある、いい演技、狡猾な実業家も適役、女性交渉人刑事のリディアも刑事にしてはふさわしくないほど美人であるのもいいし、その他の登場人物も、キャラクターがよく出ていて、すべて良かった。
 結末がちょっと呆気ないというか、やや不自然な解決、に感じられなくもないが、そう気にならなかった。
 高所恐怖症の私にとっては、頻繁に出てくる、高層階ホテルの部屋の窓の外に立つ主人公の姿を眼にするだけで、「怖~い」と何度も呟いてしまった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

ネゴシエーター (アメリカ・1997年) [面白かった映画]

 監督はトーマス・カーター。
 脚本はランディ・フェルドマン。
 主演はエディ・マーフィ。
 主人公は敏腕刑事のスコット・ローパー。犯人との交渉役として活躍。スコットの同僚を殺した宝石強奪犯コーダを、カーチェイスで追い詰め、逮捕。チャンスを狙って脱獄したコーダは、スコットの恋人ロニーを人質に、復讐のためスコットに挑戦する。
 主人公が恋人とうまくいかないあたりは類型的なストーリーの感じだが、凶悪な犯人との交渉にサスペンスフルな面白さがあった。

99-2.gif


共通テーマ:映画

11ミリオン・ジョブ (アメリカ・2013年) [少し面白かった映画]

 監督はディート・モンティエル。
 脚本はアダム・メイザー。
 主演はリアム・ヘムズワース。
 主人公は警察官志望の青年クリス。悪友エディとの交際を絶ちきれないため、警察官になる資格を失い、警備会社に就職。現金を輸送中、強盗に襲われ、同僚が銃撃されて死亡。自分も重傷を負ったが、会社側の対処の不誠実さに憤り、そのことをエディに話す。エディはその警備会社から大金を奪う計画を立てる。
 1982年に起きたアメリカ犯罪史上最高額1100万ドルの強奪事件で、実話を元にしたクライム・サスペンス。
 主役のオーストラリア出身の俳優リアム・ヘムズワース。若々しくていいのだが、演技力がイマイチの感じ。
 実話を元にした話にしても、主人公とエディとの関係など、フィクションの部分の面白さが、もの足りなかった。

12-4.gif


共通テーマ:映画

ヨーク軍曹(アメリカ・1941年) [面白かった映画]

 監督はハワード・ホークス。
 脚本はジョン・ヒューストン、ハワード・コッチ、エイベム・フィンケル、ハリー・チャンドリー。
 主演はゲイリー・クーパー。
 主人公は、第一次世界大戦で活躍した、実在のヨーク軍曹。田舎町の貧困家庭に育ったヨークは、酒好きで、自由で、無頼な青年。ふとしたきっかけで信仰に目覚める。出征し、戦場で活躍したため有名になり、都会で暮らすよう勧められるが、勲章を胸に恋人の待つ田舎へ帰る。
 戦争での行動と、宗教。主人公が迷い、悩む心が伝わってきた。初めての恋人との関係で、朴訥な青年を演じるゲイリー・クーパー。いかにも適役で、はにかむ主人公の表情や、心温まるようなシーンが印象的だった。

99-2.gif


共通テーマ:映画

複製された男(カナダ/スペイン・2013年) [少し面白かった映画]

 監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。
 原作はジョゼ・サラマーゴ。
 脚本はハビエル・グヨン。
 主演はジェイク ・ギレンホール。
 主人公は大学講師のアダム。映画を観ていた時、自分と瓜二つの脇役の俳優を眼にして、驚愕する。その俳優のことをネットで調べ、アンソニーという名の彼に会いに行く。アンソニーも驚き、互いの肉体に傷跡があることまで知る。その後、2人は互いの恋人と妻から間違えられながら、思いもかけない事態に直面していく。
 主役のジェイク ・ギレンホールが1人2役のサスペンス。大学講師と俳優を演じ分けている面白さ。好奇心から知り合った2人が、瓜二つであることに途惑いながら、そのことを利用しようとするストーリーは、ちょっと面白かった。
 ジェイク ・ギレンホールは、『プリズナーズ』(アメリカ・2013年)で刑事役を演じた年の撮影。30代前半にしては渋い感じが個性的。

12-4.gif


共通テーマ:映画

カンバセーション…盗聴… (アメリカ・1974年) [面白かった映画]

 監督と脚本はフランシス・フォード・コッポラ。
 主演はジーン・ハックマン。
 主人公のハリー・コールは、盗聴を専門の仕事をしている。ある日、クライアントから、公園を散策する若いカップルの盗聴を依頼されるが、ひそかに会話の録音テープを聴き、小さな疑念を持つ。そのテープには、殺人事件を予告させる言葉がはいっていたためだった。ハリーは、テープを取りに来たクライアントの部下に渡すことを拒絶し、事件に巻き込まれて行く。
 プロの殺し屋ならぬ、プロの盗聴屋がいるというのが面白かった。しかも録音テープを、禁を破って聴いてしまったことで、殺人事件を知ってしまう、というサスペンス。
 主人公のキャラクターを印象づける孤独な私生活の描き方はイマイチだった。
 意外な結末の、ラストシーンは面白かった。

99-2.gif


共通テーマ:映画

世界で一番パパが好き! (アメリカ・2004年) [面白かった映画]

 監督と脚本はケヴィン・スミス。
 主演はベン・アフレック。
 主人公のオリーは、音楽業界の有能な宣伝マン。ニューヨークで充実した生活を送っていたが、最愛の妻が出産で急死。悲しみの余り、無事に生まれた赤児の娘を愛せない。妻の死の原因が娘の誕生だったためだった。オリーは仕事をやめ、ニュージャージーの実家で暮らす父と共に、新生活を始める。父は、幼い娘のガーティを愛し、面倒を見ながら、父親になれない息子を心配する。やがて、最愛の娘であるガーティに愛が芽生え始める。
 主役のベン・アフレックが32歳の時の撮影。父と幼い娘の、類型的なありふれたストーリーかもと思いながら観始めたが、父親になれないオリー役のベン・アフレックが、わりと素敵だったし、父親を慕うガーティが可愛らしく成長していく姿も微笑ましい感じだった。
 華やかな音楽業界での仕事が忘れられないオリーと、利発な女の子ガーティの、新生活への対話。ストーリーの結末の、心温まるようなラストシーンもとても良かった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

ホワイトナイツ (アメリカ・1985年) [少し面白かった映画]

 監督はテイラー・ハックフォード。
 脚本はジェームズ・ゴールドマンとエリック・ヒューズ。
 主演はミハイル・バリシニコフ。
 ソ連からアメリカに亡命した著名なバレエ・ダンサー青年ニコライは、ロンドンから東京に向う国際線の旅客機のトラブルで、白夜のシベリア空軍基地に緊急着陸。KGB(ソ連国家保安委員会)に発覚して連行され、軟禁されてしまう。一方、ニコライを母国に取り戻そうと画策するKGBのチャイコは、母国を捨てた黒人タップダンサー青年レイモンドを、監視役につける。逆の立場から反発し合っていた2人は、次第に友情を深めていき、計画を立てて脱出を決意する。
 バレエ・ダンサーとタップダンサー。2人の踊るシーンが印象的。無事に脱出を果たせるかどうか、ラストのサスペンスフルなシーンが面白かった。

12-4.gif



共通テーマ:映画

殺意は薔薇の香り (フランス/ルクセンブルク・2013年) [少し面白かった映画]

 監督はフィリップ・クローデル。
 脚本はフィリップ・クローデル。
 主演はダニエル・オートゥイユ。
 主人公は妻と平穏に暮らす脳外科医のポール。ルーという女性から、昔、手術してもらったと言葉をかけられる。自宅や勤務先の病院に花束が届くようになる。送り主が不明の花束だが、その都度、ポールの前に出現するので、彼女からの贈り物とわかる。ルーがストーカーと思い込んだポールは、気分的に不安定になり、その様子に妻も疑惑の眼を向けるようになる。
『殺意は薔薇の香り』という邦題。何となく陳腐で稚拙な感じ。
 ストーカーと思い込んだルーの行動がイマイチ迫力に欠けるし、ポールの苛立ちもあまり伝わってこない。
 ルーの自殺というのもストーリーを盛り上げていないし、不自然な感じ。
 監督と脚本担当が同じ人だが、他の監督と脚本だったら、もっと面白い映画になったような気がした。

99-2.gif


共通テーマ:映画

ワイルド・ギース (イギリス・1978年) [少し面白かった映画]

 監督はアンドリュー・V・マクラグレン。
 原作はダニエル・カーニー。
 脚本はレジナルド・ローズ。
 主演はリチャード・バートン。
 1967年、アフリカの某国で軍部のクーデターが起こり、黒人大統領リンバニが拉致された。2年後、国の銅山の権益を得ていた英国の大銀行家マターソンは、リンバニをイギリスに亡命させるため、元米軍将校で隊長アレン・フォークナーに、大統領の奪回作戦の指揮を依頼。アレンは特務曹長や元警察官を始め50人の傭兵部隊を指揮し、200人の敵と闘って行くが、傭兵は1人2人と生命を落として行く。
 戦争アクションはあまり興味のないジャンルだが、リチャード・バートン主演なので、興味を持った。
 敵も味方も武器弾薬に包囲されて生命を賭けて闘うという、男性の世界であり男性の本能や宿命が感じられるような映画だった。

12-4.gif


共通テーマ:映画