So-net無料ブログ作成
テレビ・ドラマ ブログトップ
前の10件 | -

刑事コロンボ 忘れられたスター (アメリカ・1975年) [テレビ・ドラマ]

 主演はピーター・フォーク。
 監督はハーヴェイ・ハート。
 脚本はウィリアム・ドリスキル。
 ミュージカル女優のグレースは、かつての大スター。輝かしい日々が忘れられず、カムバックすることを夢見る。そのための資金50万ドルを、夫に出してと言うが、拒絶されてしまう。医師の夫は、グレースを愛していたが、大金を出さない理由があった。本人には秘密にしてあるが、グレースは余命わずかの脳の病に侵されていたのだ。そうと知らないグレースは、カムバックの資金欲しさに、夫の殺害を決意する。
 コロンボ・シリーズの中で、私の好きなベスト3に入るほど好きなドラマ。何度観ても、面白さと同時に小さな感動が湧く。若さをとうに失ったグレースが、カムバックを夢見て、人気スターだったころと同じ輝かしい日々を取り戻せると信じている、その気持ちが全編から伝わってくる。
 夫は資金50万ドルを出さない理由は明かさず、世界一周旅行をしようと誘う。グレースにとっては夫よりカムバックの夢のほうが大事なのだ。トリックを使ってグレースは夫殺害を果たしてしまう。
 事件を解決したコロンボから話を聞いた、グレースの長年の友人の演出家ネッドが、身代わりになって自首をする。すでにグレースは記憶障害のため、夫を殺害したことを忘れてしまっている。コロンボは、裁判でくつがえされますよと、さりげなく言うが、ネッドの気持ちはわかると言いたげな表情。
 ゲスト・スターがジャネット・リーで、撮影時48歳にしては少し老け役をみごとに演じている。ヒッチコック監督の『サイコ』を思い出すが、このドラマでも適役中の適役。夫からも男性の友人からも愛されながら、スターとしてカムバックしたい、ファンに熱狂されたい夢をかなえようとして必死になる女優の殺人事件。観ていて胸が熱くせつなくさせられるシーンが多く、ドラマというより映画を観ているような気分にさせられる。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

刑事コロンボ 奇妙な助っ人(アメリカ・1995年) [テレビ・ドラマ]

 監督はヴィンセント・マケヴィティ。
 主演はピーター・フォーク。
 ゲスト出演はロッド・スタイガー。
 牧場のオーナーであるグレアムが、ギャンブル狂の弟を殺害するが、マフィアのボスに脅されて、コロンボ刑事に助けを求める。
 タイトルの『奇妙な助っ人』は、マフィアのボスのこと。コロンボの事件解決の助っ人の意味。
 そのマフィアのボスを演じたのが、ロッド・スタイガー。撮影時、70歳。他の俳優にはない独特の魅力も、加齢による変化は避けられないような感じがしなくもなく、独特の持ち味も迫力もイマイチという気もしたが、大好きな俳優なので、それなりに楽しめた。
 昨年の晩秋以降、電車に乗っての外出が頻繁にあり、情緒不安定の日々が続いたため、帰宅しても洋画やドキュメンタリーは、あまり観る気になれなかった。唯一、観ることができるのが、『刑事コロンボ』。この回ではコロンボ役のピーター・フォークも加齢による変化が見られ、犯人像やストーリー含め、初期のころほどの面白さもあまりなくて、ちょっぴりもの足りない気もするけれど。
 どの回も、ストーリーも結末もすべてわかっているほど何度も観た回ばかりだが、『刑事コロンボ』を観ると、心が落ち着くような穏やかになれるような気分に包まれた。情緒不安定気味の気分は現在も続いていて、早く春がくればいいと願っている日々――。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

刑事コロンボ 逆転の構図 (アメリカ・1974年) [テレビ・ドラマ]

 監督はアルフ・ケリン。
 脚本はピーター・S・フィッシャー。
 主演はピーター・フォーク。
 有名なカメラマンが妻を殺害し、誘拐の偽装工作をしてその犯人に仕立て上げた男に罪をかぶせるが、コロンボ刑事がそのトリックを見破る。
 教会の救済所のシスターとのやり取りと、陸運局の運転免許試験官とのやり取りが、特に面白いシーン。何度見ても、おかしくてクスクス笑いが止まらなくなる。


11.gif


共通テーマ:映画

刑事コロンボ ロンドンの傘 (アメリカ・1972年) [テレビ・ドラマ]

 監督はリチャード・クワイン。
 主演はピーター・フォーク。
 ロンドンの舞台俳優夫婦は『マクベス』の主演公演で再復帰を目指していた。そのスポンサーが資金提供をやめると言い出し、夫婦と口論に。妻が投げつけたメイク用の瓶で、スポンサーは死んでしまう。夫婦の偽装工作を、ロンドンへ妻と旅行に来たコロンボが見破って事件を解決する。
 他の回より長めの1時間40分で、見応えがあった。
 中年女優の吹き替えが、岸田今日子で、ピッタリの感じ。
 コロンボが、共犯夫婦を罠にかけるトリックが面白い。
 舞台がアメリカではなく、ロンドンの雰囲気が出ていて新鮮だった。


11.gif


共通テーマ:映画

刑事コロンボ 第三の終章 (アメリカ・1974年) [テレビ・ドラマ]

 監督はロバート・バトラー。
 主演はピーター・フォーク。
 出版社の社長が、独占契約していた流行作家が他の出版社と契約すると知って、作家志望の青年にその作家を殺害させ、後日、その青年を殺害する事件。
 ストーリーはありふれているが面白かった。
 流行作家と新たに契約した出版社の社長と女性編集者の食事の席へ、捜査に行ったコロンボが好物のチリを注文し、レストランの請求書の高さに驚き、不満気味に支配人の顔を見て代金を確認すると、
「間違えました」
 と、書き直して渡された請求書が、さらに高くなっていて、
「アイスティを忘れていました」
 と、澄ました顔で言う支配人の言葉に、コロンボが目を丸くするシーンが、しばらく笑い続けてしまうほど面白かった。

共通テーマ:映画

刑事コロンボ 歌声の消えた海 (アメリカ・1975年) [テレビ・ドラマ]

 監督はベン・ギャザラ。
 主演はピーター・フォーク。
 豪華客船内。自動車販売会社社長が、不倫関係を妻にバレる前に愛人を殺害する事件。
 船の中での捜査ではコロンボと犯人とのやり取りを含めて限界があるようなストーリーで、やや、もの足りなかった。

共通テーマ:映画

刑事コロンボ 殺人処方箋 (アメリカ・1968年) [テレビ・ドラマ]

 監督はリチャード・アーヴィング。
 主演はピーター・フォーク。
 精神分析医が、患者である愛人を利用して、離婚を決意した資産家の妻を殺害する。コロンボが、犯罪トリックを解明し、精神分析医と愛人を追い詰めて行く。
 このドラマが第1回放送なのだろうか。コロンボが古びたレインコートを着ていない。オンボロ車も出てこない。ヘア・スタイルも整い過ぎ。それらが、何となく変な感じがするが、何度か観ている回にも拘わらず、面白くて楽しめた。

共通テーマ:映画

刑事コロンボ 自縛の紐 (アメリカ・1974年) [テレビ・ドラマ]

 監督はバーナード・コワルスキー。
 主演はピーター・フォーク。
 スポーツ・ジムの経営者が、不正行為で利益を得ている証拠を握る加盟店のオーナーを殺害した事件が起こる。
 犯人が電話の声の録音テープを使ったアリバイ工作を、コロンボ刑事が見抜くところが面白かった。
 再放送の『刑事コロンボ』シリーズ、そのうち観ていない回が放送されるかもと期待しているが、まだ、ない。この回も何度か観ているが、以前のレターボックス・サイズと違い、スタンダード・サイズ画面でノーカット版を楽しめた。

共通テーマ:映画

刑事コロンボ 華麗なる罠  [テレビ・ドラマ]

 監督はアラン・J・レヴィ。(架空の映画監督名)
 主演はピーター・フォーク。
 歯科医が妻の愛人を殺害し、妻の犯行に見えるように企む。
 歯科医でなければできない殺人トリックが面白かった。
 歯科医がギャンブル狂いというのも面白かった。

共通テーマ:映画

家政婦のミタ (日本・2012年) [テレビ・ドラマ]

 演出は猪股隆一。
 脚本は遊川和彦。
 主演は松嶋菜々子と長谷川博己。
 母親が死んで父子家庭になった家へ派遣された家政婦の三田。父と4人の子供たちの家庭に、仕事は完ぺきだが風変わりな家政婦三田が関わっていくドラマ。
 最初にタイトルを見た時、シリーズ・ドラマの『家政婦は見た』を思い出し、それを真似たドラマと思った。『家政婦は見た』は、主演の市原悦子が適役で、面白く見ていた。このドラマもそれに似た内容かもと見始めたら、予想以上に面白かった。
 夫は不倫して、それを悲観した妻が自殺。不倫夫は、父親を演じるのが精一杯で、真に子供たちを愛していない。不倫相手の愛は醒めているのに、ストーカーのようなことをするし、会社もクビになる。そんな駄目人間なのに、どこかニクメナイ親しみを感じさせられてしまう。長谷川博己が適役でもあり、新鮮な演技に感じられた。
 家政婦三田は仕事は完ぺきにこなすが、一見冷ややかな性格で笑顔を見せず終始無表情。命令されれば殺人さえ犯そうとする。
 そんなふうに、子供を愛せない父親、笑顔を見せない家政婦、というキャラクター設定。このドラマの面白さは、その2人のキャラクター設定がきわめてユニークなことだと思った。4人の子供は、どこにでもいるような平凡なキャラクターだが、ストーリーの面白さに重要な登場人物たちとなっている。
 再放送で見たので、毎回の放送前に、4人の子供を演じたキャストたちが撮影のエピソードを語るのも面白かった。その中に、「脚本では、こうなっていたけど、演出の○○さんが、こう変えた」というエピソードもあって、確かに変えたほうがより良くなっているので、さすが演出家と感心した。
 ただ、家政婦三田が笑わない理由を最後に語るシーンは、やや冗長な感じ。もう少し短く、あっと驚くような理由かと期待したら、そうではなかった。そのシーンだけは、陳腐なドラマになりそうな冗長&陳腐セリフで失望。また、ラストで、ついに子供たちの願いをかなえて、三田が笑顔を見せるシーンは、あっさりし過ぎ。最初はぎこちないかすかな笑みから、輝くような笑顔の表情を束の間浮かべて欲しかった。やや演技不足の感じ。
 昨年見た日本のテレビ・ドラマで、『京都地検の女』(再放送)『法医学教室の事件ファイル』(再放送)に次いで3番目に面白い再放送ドラマだった。

共通テーマ:映画
前の10件 | - テレビ・ドラマ ブログトップ