So-net無料ブログ作成

愛しのロクサーヌ (アメリカ・1987年) [面白かった映画]

 監督はフレッド・スケピシ。
 原作はエドモン・ロスタン。
 脚本はスティーヴ・マーティン。
 主演はスティーヴ・マーティン。
 大きな鼻にコンプレックスを持っている、消防団長のC・D・ベイラズは、彗星の研究のために町にやって来た天文学者のロクサーヌに恋をする。ロクサーヌは若い新人消防士クリスのルックスに惹かれ、クリスもロクサーヌに想いを寄せる。消防団長C・Dは、自分の心を隠し、クリスに頼まれてロクサーヌへのラブレターを代筆したり、2人がデートの夜、ロクサーヌへの甘い言葉をクリスに教えたり。ロクサーヌは手紙の詩的でロマンティックな言葉に酔わされるが、それらが偽の手紙で、書いていたのは消防団長のC・Dと知り、憤慨するが、彼への真実の愛に気づく。
『シラノ・ド・ベルジュラック』(フランス/ハンガリー・1990年)のアメリカ版コメディで、主なストーリー展開やキャラクター設定は似ているが、職業を消防団長にしたところが面白かった。その消防団長を演じたスティーヴ・マーティンが適役で、大きな鼻のコンプレックスも、ロクサーヌへの恋心も、ユーモラスに時にはシリアスに伝わってきた。
『シラノ・ド・ベルジュラック』も面白かったが、ラストがハッピー・エンドのこの映画も、楽しく面白かった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

サボタージュ (イギリス・1936年) [面白かった映画]

 監督はアルフレッド・ヒッチコック。
 原作はジョセフ・コンラッドの『密偵』。
 脚本はチャールズ・ベネットと、イアン・ヘイ。
 主演はオスカー・ホモルカ。
 主人公は映画館主のカール。妻にも秘密で、破壊行為(サボタージュ)を行うテロ活動をしている。今回の標的は、ロンドン市長の就任パレード。刑事が、八百屋の従業員になりすまして見張っている中、カールは幼い義弟に、中身を知らせず時限爆弾の入った包みを運ばせるが、道草を喰ったため義弟はバスに乗車中、爆破されて死んでしまう。
 ヒッチコック監督の2作目で、原題は『The Secret Agent』(諜報部員)。
 映画館主と、その妻に対する、青年刑事の対立や同情などの心の動きや、館主が妻から殺される時の心理が伝わってくるシーンが、特に面白かった。
 ヒッチコックの映画は古くても新しくてもすべて好きなので、観る前からワクワクするし、どの映画も楽しめる。
 この映画撮影の3年後に、アメリカで活躍するようになった他の作品とは、ひと味違うようなタッチと面白さを感じた。

12-4.gif


共通テーマ:映画

あの頃ペニー・レインと (アメリカ・2000年) [面白かった映画]

 監督はキャメロン・クロウ。
 脚本はキャメロン・クロウ。
 主演はパトリック・フュジット。
 主人公は、大学教授の母と、姉のアニタと共に暮らす15歳のウィリアム少年。姉は、厳しい教育方針の母に反抗して、恋人と共に家を出る。その姉が部屋に置いて行き、ウィリアムにすすめたロックのレコードを聞くうち、ウィリアムはすっかり魅了されたロックについての記事を書き始めた。その記事を、ロック雑誌の出版社に郵送。認められて、原稿の注文を受ける。ウィリアムの好きな新進バンドのツアーに同行して取材し、記事を書くことに。そのバンドの追いかけ少女であるペニー・レインに恋をするが、彼女はバンドのギタリストの愛人だった。
 音楽ライター志望の少年の淡い恋と、ロックのメンバーたちや母や姉との関係を通して、ウィリアムが少年の眼で見て行く世界、そして成長していく様子が描かれていく。
 タイトルの『ペニー・レイン』(Penny Lane)は、ビートルズ・ナンバー。ビートルズの故郷のリヴァプールにあるバス通りの名前で、日本でもブティックや飲食店の看板で見かけるし、吉田拓郎の『ペニー・レインでバーボン』という歌もある。ただし、原題は『Almost Famous』(ほとんど有名)。
 この映画では、少年が淡い恋心を寄せる少女の名前で、ペニー・レインというニックネーム。本名は、誰も知らない。そのペニー・レインを演じるケイト・ハドソンが、謎めいた美少女のキャラクターを個性的にみごとに演じている。
 主人公の母や姉や先輩ライターやバンド・メンバーたちなど、登場人物がそれぞれ面白く描かれているが、何と言っても、この映画を面白くしているのは、主人公ウィリアムの独特のキャラクター。主役のパトリック・フュジットが、とてもヴィヴィッドでユニークでみずみずしくて可愛らしくて純真でひたむきな少年の姿を浮き彫りにしていること。
 ところどころ、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンもあり、予想外の結末のラストシーンも爽やか。みごとなオチで、脚本の素晴らしさを感じさせられる。
 ウィリアム少年が母の言いつけを、守ったり破ったりしながらも、音楽ライターの仕事に夢中になり、1970年代のストーリーなのでリュックやデイパックではなく、ショルダー・バッグを揺らして走る姿が、何とも可愛らしくて印象に残った。
 脚本も書いたキャメロン・クロウ監督は、16歳で『ローリング・ストーン』誌の記者をしていたということ。この映画は、キャメロン・クロウ監督の自伝的ストーリーで、少年時代に大人たちと交じわっての、ユニークで豊富な体験が伝わってきた。 

tentoumusi.png


共通テーマ:映画