So-net無料ブログ作成

乱気流/タービュランス (アメリカ・1997年) [面白かった映画]

 監督はロバート・バトラー。
 脚本はジョナサン・ブレット。
 主演はローレン・ホリー。
 一般の乗客5人と2人の殺人犯と護送する4人の保安官を乗せた航空機がニューヨークからロサンゼルスへ向かうが、連続殺人犯ライアンがハイジャック。機内で保安官や機長や乗客たちを銃撃し、機長も副機長も銃殺されてしまう。スチュワーデスのテリーは操縦室にこもり、旅客機危機管理センターからの指示のもと、自動操縦の機体を操作し、暴風圏に突入するリスクの中、異常な精神状態のライアンと1人闘いながら、危機を脱出する。
 タイトルのタービュランスとは、乱気流の意味。この映画の邦題『乱気流/タービュランス』は、センスがないというか無能というか。そのどちらかのほうが印象的で引き締まるのに。間延びしたヘンな邦題。
 航空機という密室の中、凶悪犯と2人きりのスチュワーデスの恐怖。しかも乱気流に突入する機体。犯人が、機体のコンピューター・プログラムを操作し変更させたり。最後はきっと危機から脱出できるという結末は予想できるのに、ハラハラドキドキさせられる面白いサスペンスだった。 


12-4.gif


共通テーマ:映画

パニック・イン・スタジアム (アメリカ・1976年) [少し面白かった映画]

 監督はラリー・ピアース。
 脚本はエドワード・ヒューム。
 主演はチャールトン・ヘストン。
 ロサンゼルスの競技場でフットボールの大試合が行われ、多くの観客が観戦中、無差別乱射事件が発生。観客たちはパニック状態。ロス警察のホリー警部の指示のもと、特殊部隊SWATが犯人を狙撃する。
 観戦に来た観客たちの人間模様の断片的なシーンもあるが、やや中途半端な感じ。主人公の警部の指示に、イマイチ迫力が感じられず、チャールトン・ヘストンの魅力があまり出ていなかった。
 狙撃された犯人が名前を口にして息を引き取っただけで、動機も何もわからないという、もの足りない結末だった。
 特殊部隊SWATの活動は、格好良く勇ましく感じられた。


99-2.gif


共通テーマ:映画

もういちど (日本・2014年) [面白かった映画]

 監督は板屋宏幸。
 脚本は板屋宏幸。
 主演は林家たい平。
 江戸時代の深川の長屋が舞台。主人公の噺家(はなしか)であるたい平は、傷心の面持ちで長屋に引っ越して来た。その長屋に住む少年の貞吉が噺家志望で、両親から依頼されて落語を教えることに。愛する妻子を火事で失って落ち込んでいたたい平は、貞吉に落語の稽古をしながら、長屋の人たちと交流するようになり、噺家としての生き甲斐をふたたび見出していく。
『笑点』を見て面白い落語家と思っていた林家たい平が、主演・企画・落語監修という情報を読んで興味を持ったが、予想以上に面白かった。
 どの登場人物もよく描き分けられていたし、心温まるようなストーリー。笑ってしまう場面も多く、主人公始め登場人物たちの心理など、新鮮な時代背景とともに感情移入しながら楽しめた。
 ラストでたい平が高座に座って落語を聞かせるシーンも、退屈せずに面白く聴けた。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画