So-net無料ブログ作成

ワイルド・ギース (イギリス・1978年) [少し面白かった映画]

 監督はアンドリュー・V・マクラグレン。
 原作はダニエル・カーニー。
 脚本はレジナルド・ローズ。
 主演はリチャード・バートン。
 1967年、アフリカの某国で軍部のクーデターが起こり、黒人大統領リンバニが拉致された。2年後、国の銅山の権益を得ていた英国の大銀行家マターソンは、リンバニをイギリスに亡命させるため、元米軍将校で隊長アレン・フォークナーに、大統領の奪回作戦の指揮を依頼。アレンは特務曹長や元警察官を始め50人の傭兵部隊を指揮し、200人の敵と闘って行くが、傭兵は1人2人と生命を落として行く。
 戦争アクションはあまり興味のないジャンルだが、リチャード・バートン主演なので、興味を持った。
 敵も味方も武器弾薬に包囲されて生命を賭けて闘うという、男性の世界であり男性の本能や宿命が感じられるような映画だった。

12-4.gif


共通テーマ:映画