So-net無料ブログ作成
検索選択

真珠の耳飾りの少女 (イギリス/ルクセンブルク・2003年) [少し面白かった映画]

 監督はピーター・ウェーバー。
 原作はトレイシー・シュヴァリエ。
 主演はスカーレット・ヨハンソン。
 17世紀のオランダ。画家フェルメールが描いた作品をモチーフにした人間ドラマ。 フェルメール家に住み込みのメイドとなった少女グリートは、美術の感性に優れ、絵の具の調合をしたりするようになる。やがて、フェルメールとグリートの間に親密な感情が生まれ、妻の嫉妬によって、罠にはめられていく。
『真珠の耳飾りの少女』という絵でフェルメールの名前は知っていたが、メイドの少女との関係など興味深いストーリーだった。
 ただ、スカーレット・ヨハンソンは、どの映画を観ても、何故かあまり好きになれない女優のため、のめり込めないというか面白さがイマイチだった。もっと純真で清楚で純朴で、それでいて艶めかしさも感じられるような女優だったら、天才画家をハッとさせるようなミステリアスで魅力的な少女グリートが浮き彫りにされ、印象深い映画になったような気がした。

99-2.gif


共通テーマ:映画