So-net無料ブログ作成

カリートの道 (アメリカ・1993年) [面白かった映画]

 監督はブライアン・デ・パルマ。
 原作はエドウィン・トレス。
 脚本はデイヴィッド・コープ。
 主演はアル・パチーノ。
 主人公は、麻薬王と呼ばれた犯罪組織のボスのカリート。友人で顧問弁護士の力によって、30年の刑期を5年で出所。足を洗うことを決意したものの、麻薬取引のトラブルをかかえた従兄弟を助けることに。さらに義理のあるマフィアのボスの頼みで脱獄に手を貸すことになる。昔の恋人との再会で、人生をやり直すつもりだったカリートだが、銃撃戦で生命を落とす。
 再会した恋人と新たな人生をスタートさせたかったカリート。それまでのギャング生活でのしがらみや、裏切りにあって、その世界から抜け出そうとするのに、念願を果たせないまま人生を終えてしまう。そのもどかしさ、主人公の宿命や運命を感じさせられた。カリートを演じたアル・パチーノが適役だと思った。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

11人のカウボーイ (アメリカ・1971年) [少し面白かった映画]

 監督はマーク・ライデル。
 原作はウィリアム・デイル・ジェニングス。
 脚本はアーヴィング・ラヴェッチ、ハリエット・フランク・ジュニア、ウィリアム・デール・ジェニングス。
 主演はジョン・ウェイン。
 主人公は牧場主のウィル。1200頭の牛を移送することになったが、大人の男たちはゴールド・ラッシュでいないため、少年たちをカウボーイとして雇う。11人の少年を、ウィルは鍛えたり、トラブルを解決したり。次第に成長していくカウボーイ少年たちは、ウィルを親のように慕う。途中で凶悪な牛泥棒グループに襲われ、ウィルは生命を落としてしまう。
 地味な映画と思いながら観始めたけれど、次第に引き込まれた。
 ただ、主人公が途中で死んでしまうのに驚いた。ラストシーンで主人公が死ぬ映画はあるが、ラストの30分ぐらい前に牛泥棒の銃撃で殺されてしまうのである。
 ジョン・ウェインのアクション・シーンもどこか迫力がなかったし、撮影時64歳にしては老牧場主という感じで、ガンのため体調が良くなくて脚本を変更したのかもと想像したりした。
 カウボーイ少年たちは無事に大群の牛を届けて、ストーリーとしては安堵の結末だけれど、やはり男盛りの血気盛んなジョン・ウェインの活躍ぶりが観たかったと思った。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

エージェント・ライアン (アメリカ・2014年) [面白かった映画]

 監督はケネス・ブラナー。
 原作はトム・クランシー。
 脚本はアダム・コザドと、デヴィッド・コープ。
 主演はクリス・パイン。
 主人公のジャック・ライアンは、ウォール街に勤務する経済アナリスト青年。アフガニスタンの戦場に志願して海兵隊員になったが、負傷して帰国。リハビリ中、医学生キャシーと愛し合うようになる。CIAにスカウトされ、アナリストとして監視するうち、モスクワの投資会社に不審な動きを発見する。
 タイトルのエージェントはスパイの意味。有能なアナリストで海兵隊員の経験もある主人公が、CIAにスカウトされてスパイ活動をする面白さ。
 主人公は、スパイ活動は初めてだが、海兵隊員だった伏線があってアクション・シーンも自然な感じ。
 主人公のライアンを演じた34歳のクリス・パイン。適役で、良かった。CIAの上官の役をケヴィン・コスナーが演じていたのも印象的だった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

王妃マルゴ (フランス・1994年) [何となく観てしまった映画]

 監督はパトリス・シェロー。
 原作はアレクサンドル・デュマ。
 脚本はパトリス・シェローとダニエル・トンプソン。
 主演はイザベル・アジャーニ。
 16世紀末のフランス。カトリックとプロテスタントの内乱を鎮静させるため、政略結婚させられた実在の王妃マルゴの人生が描かれていく。
 男好きで快楽のために生きる王妃マルゴを演じたイザベル・アジャーニ。好きな女優だし、期待して観たが、何となく違和感。
(もっと美しいはずなのに)
(もっと豊かな表情の演技の才能があるはずなのに)
(何か、違うみたい)
 そう思いながら観た。映画なのだから、王妃の実像か虚像かということには拘らないが、原作の面白さが生かされてない感じ。脚本もイマイチで登場人物の人間関係が、明確に伝わってこない。
 パトリス・シェロー監督の情報を読んだら、演出家・映画監督・脚本家・俳優ということで、オペラや演劇の演出で話題になったらしい。他に映画の監督作品は『蘭の肉体』(1974年)があった。ハドリー・チェイス原作の小説は面白く読んだ。個性的な女優シャーロット・ランプリングが主演で、映画も面白かったと思い出した。
 イザベル・アジャーニは、この映画撮影の時、39歳。4年前の『カミーユ・クローデル』。その6年前の『殺意の夏』のイザベル・アジャーニと、まるで別人みたいと言いたくなるほど、この映画では魅惑的な美貌も個性的な演技の魅力も感じられなかった。


tentoumusi.png


共通テーマ:映画