So-net無料ブログ作成

ドク・ハリウッド (アメリカ・1991年) [面白かった映画]

 監督はマイケル・ケイトン・ジョーンズ。
 原作はニール・B・シェルマン。
 脚本はジェフリー・プライスと、ピーター・S・シーマンと、ダニエル・パイン。
 主演はマイケル・J・フォックス。
 主人公は外科医ベン・ストーン。救急病院の勤務に嫌気がさして、ビバリーヒルズで美容整形外科医になることを決意。その美容外科クリニックでの面接に行くため、愛車を走らせる途中、南部の田舎道で事故を起こしてしまう。事故の代償として、医師不足の町の診療所で、無料奉仕することになってしまった。
 おかしくて笑えるハート・ウォーミング・コメディ。マイケル・J・フォックスの外科医役が、とてもいいのである。収入の少ない救急病院から、高収入を得られるビバリーヒルズの美容整形外科医になろうとする、軽薄だが優秀な医師のキャラクターを、コメディ・タッチで演じてマイケル・J・フォックスの持ち味と魅力がよく出ている。
 ストーリーも面白く、登場人物たちも、皆、面白い人間ばかり。美人助手ルーとの関係も、爽やかに描かれている。
 町の住人の主婦の、出産シーンには驚きだった。婦人科医ではなく、外科医がお産を取り扱う、赤ちゃんを取り上げたり、処置したりできることに少し驚いた。
 女性とお酒を飲むシーンで、『ベッドルームの静かな恐怖』という名前のカクテルが出てきたのも、おかしかった。ベッドルームの静かな恐怖、って、意味ありげというか意味深というか……。
 あらためてマイケル・J・フォックスという俳優の情報を読んでみると、30歳の時、パーキンソン病を発症、とあるが、この映画の撮影が30歳。撮影後の発症だと思うが、98年にパーキンソン病であることを公表。『マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団』を設立し、自伝の著書がベストセラーに。カナダ出身で、陸軍軍人の父親の家庭、5人兄弟の4番目、ということなども知った。

99-2.gif


共通テーマ:映画