So-net無料ブログ作成
検索選択

マイ・ガール (アメリカ・1991年) [面白かった映画]

 監督はハワード・ジーフ。
 脚本はローリス・エレワニー。
 主演はアンナ・クラムスキー。
 主人公は11歳の少女ヴェーダ。ヴェーダが誕生と同時に、母は病死。葬儀屋を経営する父と、老人性痴呆症の祖母との3人暮らし。遺体に死に化粧するメークアップ担当者として雇った若い女性シェリーが現れ、父と親密な関係に。最初は嫉妬から反発していたヴェーダは、次第にシェリーに心を開く。ヴェーダが毎日会う一番の友達は、幼なじみのトーマス少年。何か起こるたび、トーマスにすべてを話している。 
 ヴェーダの淡い初恋の相手は、詩の教室の教師ビクスラー。大人の彼には、すでに婚約者がいて、ヴェーダは失恋。父とシェリー、詩の先生と婚約者。大人の恋に憧れながら、おませなヴェーダは、自分に想いを寄せているトーマス少年にキスをする。トーマス少年は舞い上がって、ヴェーダが森の中で紛失した指輪を1人で探すが、思いがけない事故で生命を失ってしまう。
 将来は作家志望で、詩の教室に通う費用を、こっそりシェリーの貯金箱から拝借してしまい、後日、告白すると、ヴェーダが将来作家になって1冊目の本をくれたら許してあげると、やさしいシェリーの言葉。
「わたしがママを殺したの」と、ヴェーダが言う、ドキッとするような言葉や予想外のシーン、コメディ・タッチのシーンも。 
 トーマス少年の死後、彼への想いを詩に書き、教室で朗読するシーンは、胸を打たれるような気がするほど。
 毎日、一緒に遊んだトーマス少年の代わりに、同世代の少女が誘いに来て、2人で自転車に乗って遊びに行くラストシーンは、この上なく素晴らしくて感動したし、この映画は本当によくできている、ていねいに撮影されていると思った。
 ヒロインを演じたアメリカ女優アンナ・クラムスキー。11歳の時の撮影。利発で、おませで、感受性豊かで、魅力的な少女を演じて適役中の適役。
 全編に何度も流れる主題歌の『My Girl』。アメリカのコーラス・グループのテンプテーションズが歌った、1960年代のヒット曲と、後で知った。聴いたことのある曲だったが、この映画の主題歌として、この上なく効果的。YouTubeで聴いてみた。
 面白くて感動的なこの映画を撮影したハワード・ジーフ監督は、映画作品は少なく、テレビコマーシャル・ディレクターで、広告写真家でもあったということを知った。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画