So-net無料ブログ作成

マイ・インターン (アメリカ・2015年) [面白かった映画]

 監督と脚本はナンシー・マイヤーズ。
 主演はロバート・デ・ニーロ。
 電話帳を印刷する会社を70歳で退職後、ベンは妻に先立たれて1人暮らし。生き甲斐を見つけるために、シニア向けファッション通販サイトのインターン(見習い社員)に応募して採用される。事業に成功したばかりの女社長ジュールズはアラフォー世代で、夫が会社をやめ主夫となって家事と育児に専念。公私ともに悩みや迷いを、秘書に昇格させたベンに打ち明け、親愛の情が生まれる。ベンはマッサージ師の熟女女性と親密になり、会社の社員や見習い社員たちからも信頼され人気者になる。
 ロバート・デ・ニーロ70歳過ぎの撮影だが、俳優としても男性としても現役(!)と思わせられるような面白い映画だった。
 仕事を上手にこなしたベンに、ご褒美のようにマッサージ師の熟女女性が、デスクの前に座ったベンの肩や背中から腰へと絶妙なマッサージをしていくシーン。ベンは疲れが取れる心地良さだけでなく、腰のあたりにマッサージ師女性の手で絶妙なマッサージをされると、羞恥と途惑いの表情を浮かべる。隣席の男性見習い社員がすぐに察して、「まだ現役なんですね」と、雑誌をベンに手渡す。その雑誌をベンは股間の上に置き、〈変化〉を隠す。決してダイレクトに愛撫されたわけでもないのに、ベンの肉体の昂ぶりがユーモラスに、しかもリアルに伝わってくる。そのシーンが一番印象に残った。
 主演女優は、私はちょっと苦手。他の女優だったら、もっと楽しめた。
 女社長のキャラクターや、夫の不倫のシーンなど、類型的でありきたりなシーンも少なくないが、独特の演技、豊かな表情、存在感濃厚なロバート・デ・ニーロ主演だから、面白い映画になっていると思った。

tentoumusi.png