So-net無料ブログ作成
検索選択

グランド・ブダペスト・ホテル (イギリス/ドイツ・2014年) [面白かった映画]

 監督と脚本はウェス・アンダーソン。
 主演はレイフ・ファインズ。
 一流ホテルだが現在は利用客が減少したグランド・ブダペスト・ホテル。休暇中に宿泊した作家が、若い日にベルボーイをしていたゼロ・ムスタファから、ホテルに秘められた謎を明かされる。
 イギリスとドイツの合作ということだが、そのどちらとしても、ちょっと不思議な、変わったムードの映画だった。
 イギリス俳優レイフ・ファインズは、好きな俳優だが、こういう映画でも持ち味がちゃんと生かされていて感心させられた。宿泊客のマダムたちに人気で、ベッドの相手も忙しいコンシェルジェというのが、面白おかしく適役の演技。
 そのグスタヴから、友達と言われ兄弟とも言われるほど信頼されるベルボーイのゼロを演じたF・マーレイ・エイブラハムも、個性的で味わいのある俳優。
 コメディ・タッチではあるけれど、ストーリーはシリアスな、ミステリー・コメディというジャンルで、新鮮な面白さがあった。

tentoumusi.png