So-net無料ブログ作成

ザ・インタープリター (イギリス・2005年)

 監督はシドニー・ポラック。
 脚本はチャールズ・ランドルフ、スコット・フランク、スティーヴン・ゼイリアン。
 主演はショーン・ペンとニコール・キッドマン。
 国連本部で働く通訳のシルヴィアは、クー語を訳してアフリカのマトボ共和国の大統領暗殺計画を知ってしまい、身の危険が迫ることに。シークレット・サービス捜査官のトビンのグループから、その身を守られながらも、ある秘密を隠している。そのことに気づいたトビンは、彼女に疑惑の眼を向ける。
 タイトルのインタープリターとは、通訳の意味。現地出身の通訳女性シルヴィアが、大統領暗殺計画を知って通報、生命を狙われ、捜査官が謎と疑惑を感じて探り出すというサスペンス。
 捜査官役のショーン・ペンは、それなりに良かったが、ニコール・キッドマンはあまり適役という感じではなかった。
 ストーリーも盛り上がりに欠ける感じで、通訳女性の秘密がラスト近くで明かされても、そう衝撃的でもなく、観終わってみれば、どこか不完全燃焼という感じだったが、サスペンスの面白さが少しはあった。

12-4.gif


共通テーマ:映画