So-net無料ブログ作成
検索選択

ロング・グッドバイ (アメリカ・1973年) [面白かった映画]

 監督はロバート・アルトマン。
 原作はレイモンド・チャンドラー。
 脚本はリー・ブラケット。
 主演はエリオット・グールド。
 主人公は私立探偵フィリップ・マーロウ。友人テリーが妻を殺害した事件で共犯と疑われ、刑事が訪問。メキシコへの逃亡を助けた友人テリーは自殺。行方不明の作家を探し出す仕事を受けていたフィリップ・マーロウは、依頼人が友人テリー夫妻の知人と知り、疑惑を追求し、事件を解明していく。
 アメリカの作家レイモンド・チャンドラーは、昔、3冊ぐらい読んだ。その中に、この映画の原作『長いお別れ』があった。3冊以上読まなかったのは、あまり魅力を感じないハードボイルドのジャンルだったからか、翻訳の文体のせいか、その両方か、記憶していない。
 映画もハードボイルドの主人公はワン・パターンな感じで、あまり惹かれないが、この映画はそこそこの面白さだった。真夜中にペットの猫に起こされて、キャットフードを買いに行くなんて、おかしいというより呆れるというか、主人公のキャラクターを表現しているという気もするけれど。
 自殺した友人のことが少しずつわかっていき、謎が解明されていくストーリーは、それなりに面白かった。
 ロバート・ミッチャムがフィリップ・マーロウを演じた『さらば愛しき女よ』(アメリカ・1975年)を以前、2回観たが、ストーリーも面白かったし、フィリップ・マーロウを誘惑するシャーロット・ランプリングが魅力的だったと思い出した。

12-4.gif