So-net無料ブログ作成
検索選択

カンバセーション…盗聴… (アメリカ・1974年) [面白かった映画]

 監督と脚本はフランシス・フォード・コッポラ。
 主演はジーン・ハックマン。
 主人公のハリー・コールは、盗聴を専門の仕事をしている。ある日、クライアントから、公園を散策する若いカップルの盗聴を依頼されるが、ひそかに会話の録音テープを聴き、小さな疑念を持つ。そのテープには、殺人事件を予告させる言葉がはいっていたためだった。ハリーは、テープを取りに来たクライアントの部下に渡すことを拒絶し、事件に巻き込まれて行く。
 プロの殺し屋ならぬ、プロの盗聴屋がいるというのが面白かった。しかも録音テープを、禁を破って聴いてしまったことで、殺人事件を知ってしまう、というサスペンス。
 主人公のキャラクターを印象づける孤独な私生活の描き方はイマイチだった。
 意外な結末の、ラストシーンは面白かった。

99-2.gif


共通テーマ:映画