So-net無料ブログ作成
検索選択

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(イギリス・2011年) [何となく観てしまった映画]

 監督はフィリダ・ロイド。
 脚本はアビ・モーガン。
 主演はメリル・ストリープ。
 イギリスで初の女性首相となったマーガレット・サッチャーの半生を描いた伝記映画。
 マーガレット・サッチャーの半生に興味もあったし、メリル・ストリープがどんなふうにサッチャーを演じるか、興味と期待とともにワクワクしながら観始めたが、何となく失望。
 何か、当たり障(さわ)りのない感じのメリル・ストリープの演じ方がもの足りないし、この映画の監督の、サッチャーという人間に対する独自の解釈のようなものが少しも伝わってこなかった。
 また、アメリカ女優メリル・ストリープが演じるイギリスの女性首相役は、全く適役ではない、とは言えないかもしれないが、私にとってはイメージに隔たりのようなものがあって、感情移入できなかった。
 ラストシーンも、何となく、ありきたりで、お粗末な感じ。
 もう少し全体にメリハリがあって、発見のある、深味のある伝記映画を観たかった。

12-4.gif


共通テーマ:映画