So-net無料ブログ作成
検索選択

エヴァの告白 (アメリカ/イギリス・2013年) [感動させられた映画]

 監督と脚本はジェームズ・グレイ。
 主演はマリオン・コティヤール。
 主人公のエヴァは、1921年の戦火のポーランドから、妹と2人でアメリカへ逃れて来た。入国審査で、妹は結核療養所へ入れられ、エヴァは強制送還されそうになるが、中年紳士風のブルーノに救われて、彼の住まいへ。ブルーノは移民女性たちを集めては、劇場で踊らせたり売春を斡旋してお金儲けをしている男だった。
 エヴァはカトリックのクリスチャン。両親を亡くし、たった1人の妹が心の支え。療養所から妹を救い出す費用を貯めるために、ブルーノの言うなりになるしかなかった。頼った叔母夫婦は、そのことを知ってエヴァに冷たくなる。やがて、エヴァを愛する青年が現れ、この地を離れてメキシコヘ行こうと誘ってくれる。けれど、エヴァを監禁する従兄のブルーノを銃殺しようとして、逆に殺されてしまう。
 見応えのある映画だった。戦時中の若いポーランド女性の悲惨な話だけでなく、エヴァが辛い日々に、ひたすら妹を想う気持ちや、耐えがたい売春行為をする決意など、心の葛藤が伝わってきて胸が熱くなる。戦時中、女性が生き延びるために身体を売ることは決して悪いことでも汚れた行為でもないと、そう感じさせられる映画は少なくないが、この映画もそうだった。
 また、エヴァと青年とブルーノの三角関係も、ラスト近くでスリリングなストーリー展開が感動的。ブルーノは最初からエヴァを愛していたが、愛されるはずはないと彼女を苦しめたと知った時の驚き。
 悲しい結末にならないようにと思いながら観ていたら、ブルーノのお陰で、エヴァが療養所から妹を連れ出してメキシコヘ向かう船に乗ることができるシーンで、救われたような気分になった。
 主役のフランス人女優マリオン・コティヤールも、他のキャストたちも、皆、良かった。アメリカとイギリスの合作映画ということだが、イギリス映画に近い感じ。脚本も書いたジェームズ・グレイ監督は、ユダヤ系アメリカ人で、現在46歳。5本の作品を監督・脚本したということだが、他の映画も観てみたいと思った。

b-cut.jpg


共通テーマ:映画