So-net無料ブログ作成

アロハ・フロム・ハワイ (アメリカ・1973年) [その他]

 主演はエルヴィス・プレスリー。
 エルヴィス・プレスリーのデビュー50周年を記念して、38か国で放送された世界同時生中継のコンサートと、そのリハーサルの収録。
 最初に観た時は、エルヴィス・プレスリーの肥満気味体型に驚愕。しかも衣装が体型の欠点をカバーするどころか強調されてしまっているようにさえ見える。1971年のコンサートではダイエットしてのギリギリ標準体型という感じだったが、わずか2年後はダイエットが成功しなかったということだろうか。ただし、晩年のコンサート映像では、見たくなかったと思ったくらい愕然、驚愕、失望させられた体型の映像も観た。実物は知らないが、DVDで観る限り、1968年のスタジオ・コンサートの時が最も理想的でセクシーな体型に感じられる。
 体型のことは本人が最もよく知っているはずで、精神・生活・遺伝による肥満と、プレスリーは死ぬまで闘ったかもしれないと想像される。
 けれど、このコンサートDVDは2度3度と観るうち、プレスリーの肥満体型でのパフォーマンスがあまり気にならなくなった。全28曲の中で、特に好きで何度も聴いたのは、『アメリカの祈り』。このコンサートで『アメリカの祈り』を歌うプレスリーには、神への祈りに通じる内面が表現されているようで、その歌声と汗とパフォーマンスには鬼気迫るような葛藤と祈りが伝わってきた。他のコンサートでも歌っていて、YouTubeではアロハ・フロム・ハワイ・コンサートでの、『アメリカの祈り』の映像はなく、視聴できないのが残念。

共通テーマ:映画