So-net無料ブログ作成

家政婦のミタ (日本・2012年) [テレビ・ドラマ]

 演出は猪股隆一。
 脚本は遊川和彦。
 主演は松嶋菜々子と長谷川博己。
 母親が死んで父子家庭になった家へ派遣された家政婦の三田。父と4人の子供たちの家庭に、仕事は完ぺきだが風変わりな家政婦三田が関わっていくドラマ。
 最初にタイトルを見た時、シリーズ・ドラマの『家政婦は見た』を思い出し、それを真似たドラマと思った。『家政婦は見た』は、主演の市原悦子が適役で、面白く見ていた。このドラマもそれに似た内容かもと見始めたら、予想以上に面白かった。
 夫は不倫して、それを悲観した妻が自殺。不倫夫は、父親を演じるのが精一杯で、真に子供たちを愛していない。不倫相手の愛は醒めているのに、ストーカーのようなことをするし、会社もクビになる。そんな駄目人間なのに、どこかニクメナイ親しみを感じさせられてしまう。長谷川博己が適役でもあり、新鮮な演技に感じられた。
 家政婦三田は仕事は完ぺきにこなすが、一見冷ややかな性格で笑顔を見せず終始無表情。命令されれば殺人さえ犯そうとする。
 そんなふうに、子供を愛せない父親、笑顔を見せない家政婦、というキャラクター設定。このドラマの面白さは、その2人のキャラクター設定がきわめてユニークなことだと思った。4人の子供は、どこにでもいるような平凡なキャラクターだが、ストーリーの面白さに重要な登場人物たちとなっている。
 再放送で見たので、毎回の放送前に、4人の子供を演じたキャストたちが撮影のエピソードを語るのも面白かった。その中に、「脚本では、こうなっていたけど、演出の○○さんが、こう変えた」というエピソードもあって、確かに変えたほうがより良くなっているので、さすが演出家と感心した。
 ただ、家政婦三田が笑わない理由を最後に語るシーンは、やや冗長な感じ。もう少し短く、あっと驚くような理由かと期待したら、そうではなかった。そのシーンだけは、陳腐なドラマになりそうな冗長&陳腐セリフで失望。また、ラストで、ついに子供たちの願いをかなえて、三田が笑顔を見せるシーンは、あっさりし過ぎ。最初はぎこちないかすかな笑みから、輝くような笑顔の表情を束の間浮かべて欲しかった。やや演技不足の感じ。
 昨年見た日本のテレビ・ドラマで、『京都地検の女』(再放送)『法医学教室の事件ファイル』(再放送)に次いで3番目に面白い再放送ドラマだった。

共通テーマ:映画