So-net無料ブログ作成

8 1/2 (はっかにぶんのいち) (イタリア・1963年) [不思議な味わいの映画]

 監督はフェデリコ・フェリーニ。
 主演はマルチェロ・マストロヤンニ。クラウディア・カルディナーレ、アヌーク・エーメ、他、出演。
 主人公はマルチェロ・マストロヤンニが演じる43歳の映画監督グイド。
 医師のすすめで湯治場へ来たグイド。愛人カルラとの関係。妻ルイザとの関係。仕事をめぐる知人たちとの関係。グイドの少年時代。心惹かれる若いクラウディア。
 それらが断片的に描かれていく。
 湯治場のファーストシーンでワーグナーの『ワルキューレの騎行』が流れる。
 孤独なグイドの、願望が幻想となって現れる。
 幻想シーンと現実のシーンが交互に描かれる。
 寝室でのシリアスな夫婦喧嘩。
 悪夢のようなシーン。
 聖霊を求めたり、妻への未練があったり、グイドの内面は混乱状態。
 少年時代の回想と追想。
 映画制作の後の、最後は沈黙。
 この映画を観たのは2度目。監督自身と思われるグイドの内面や深層心理が、少し理解できるような気がした。
 マルチェロ・マストロヤンニは好きな俳優なので、フェリーニの『甘い生活』も2度観たが、その作品同様、特に感情移入できる人物や面白いストーリーがあるわけではないのに、フェリーニのユニークな映像表現と、ニーノ・ロータの独特のテーマ音楽に惹かれるようにして観てしまう不思議な味わいのある映画。

共通テーマ:映画