So-net無料ブログ作成
検索選択

甘い生活 (イタリア/フランス・1960年) [不思議な味わいの映画]

 監督はフェデリコ・フェリーニ。
 音楽はニーノ・ロータ。
 主演はマルチェロ・マストロヤンニ。アヌーク・エーメも出演。
 マルチェロ・マストロヤンニが演じるのは、作家志望青年で、上流社会のゴシップ記事ライターのマルチェロ。
 同棲している恋人エンマがいるが、アヌーク・エーメが演じる資産家の娘と肉体関係を持ったり、ハリウッド女優と遊んだり。パパラッチ、ホモ男、パーティーでストリップ……。
 快楽と退廃と狂気と非現実の世界が淡々と描かれていくような……。
 後半で、マルチェロと恋人エンマが、互いを罵り合う激しい喧嘩をするシーンが、凄まじいというか、印象に残った。
 フェデリコ・フェリーニが、マルチェロ・マストロヤンニの演じる作家志望青年に自分を重ねて表現したかったものを、何となく感じ取れるような結末──。

共通テーマ:映画