So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

あしたのパスタはアルデンテ (イタリア・2010年) [面白かった映画]

 監督はフェルザン・オズペテク。
 脚本はフェルザン・オズペテク、イヴァン・コトロネーオ。
 主演はリッカルド・スカマルチョ。
 主人公は作家志望の青年トンマーゾ。自宅のローマから、パスタ会社経営の実家で開かれる晩餐会出席のため、南イタリアへ。兄の新社長就任発表の晩餐会の前に、兄に秘密を打ち明ける。作家志望であること、ゲイであること、大学は経営学部ではなく文学部を卒業したこと。それらの秘密を親族の前で告白するつもりと。ところが、兄のアントニオが晩餐会で自分がゲイであることを告白。父が驚愕と激怒のあまり、心臓発作を起こして入院。トンマーゾは、秘密を告白しそびれて、実家に滞在することになってしまった。
 イタリア映画らしいというより、イタリア映画中のイタリア映画。イタリア映画の魅力を、たっぷり堪能できる面白い映画だった。父と息子の対立や、母親の苦悩、兄弟喧嘩、自分はゲイであることを隠し続けることになるトンマーゾの迷いや悩み、出版社に持ち込んだ原稿がボツになったり、ゲイの仲間たちがやって来たり、ラスト近くでは母親が、丹念なメイクをして好物のケーキを片っ端から食べた直後に自殺――など、主人公を中心に登場人物たちの内面も描かれて、予想外のストーリー展開の面白さ。決して暗くなく、ユーモラスなシーンあり、シリアスなシーンありで、テンポ良く淡々と進んで行くが、根底には家族愛もあるし、それぞれの愛の対象との関係や感情もきちんと描かれている。
 こんな面白い映画を撮影し、脚本も担当したフェルザン・オズペテク監督、58歳。トルコ出身の脚本家でもある監督で、イタリアに住み、ゲイであるということ。道理でと思われるほど、この映画で描かれるゲイの愛も内面も、決して特殊ではなく、ひとつの美しい愛のかたちと感じさせられる。
 主人公の作家志望青年を演じたイタリア俳優リッカルド・スカマルチョは、濃い顔立ちのイケメンで、その眼とまなざしの表現力は抜群。他のキャストもすべて良かった。
 邦題のアルデンテとは、スパゲッティの麺の中心部に芯が少し残っている茹で加減の意味、ということを知った。
 原題は『Mine vaganti』。何をしでかすかわからない危険人物、という意味らしいが、主人公始め、登場するすべての人物に言えることのような気がした。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い(アメリカ・1994年) [少し面白かった映画]

 監督はエドワード・ズウィック。
 脚本はスーザン・シリディと、ビル・ウィトリフ。
 主演はブラッド・ピット。
 20世紀初頭。アメリカ北西部のモンタナの牧場主ウィリアム・ラドローは元騎兵隊大佐で、3人の息子がいる。妻は過酷な大自然を嫌い、街に住んで別居。ハーバード大で学んだ3男サミュエルが、婚約者スザンナを連れて帰郷。第一次大戦が勃発し、3人兄弟はヨーロッパに出征。サミュエルが戦地で死亡。トリスタンはスザンナと愛し合うようになる。歳月が流れ、スザンナと結婚したのは、事業家となった長男アルフレッドだった。
 3人兄弟から、それぞれの時期に愛されたスザンナ。彼女が心から愛したのは、次男のトリスタンだった、というストーリーだが、3人兄弟の人生ドラマが描かれている。同じ親のもとに育っても、それぞれ違う性格で、違う運命で、違う人生を生きた兄弟。1人の女性をめぐっての愛。父親から最も愛されたのは、優秀な息子でもなく、親思いで事業家として成功した息子でもなく、自由奔放に生きる反逆的な息子というところが面白かった。

99-2.gif


共通テーマ:映画

愛と死の間で (アメリカ・1991年) [面白かった映画]

 監督はケネス・ブラナー。
 脚本はスコット・フランク。
 主演はケネス・ブラナー。
 主人公は私立探偵マイク。記憶喪失の女性を自宅に預けられ、催眠術師の療法で次第に記憶を呼び覚ます彼女の身許を調査するうち、マイクと彼女は次第に愛し合うようになる。その調査によって、40年前、新進作曲家の夫が妻を惨殺した事件が浮かび上がる。その転生に、自分たちが深く関わっていることを知り、真相を追求していく。
 好きなジャンルのサスペンス・ミステリー。その面白さをたっぷり堪能できた。しかも輪廻転生というテーマを効果的に取り入れているのが新鮮な感じだった。さらに、この映画を観て、イギリス出身の俳優ケネス・ブラナーの魅力も堪能できた。主役であり監督もしたこの映画への思い入れのようなものも感じられる。のびのびと演じての好演というより熱演ぶりが伝わってきた。
 40年前に新進作曲家である夫が、妻を惨殺という謎がストーリーを面白くしているし、その謎が解明されていく予想外の展開も真相も面白かった。その上、愛もちゃんと描かれているところもいい。トリックの妙や面白さだけでなく、愛が描かれているサスペンス・ミステリーこそ、私の観たい映画。脚本家の才能もあると思うが、愛の輪廻転生と言えるような独自の世界を楽しめる、もう1度観たくなるような面白い映画だった。 

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

SHIBARI 壊れた二人 (フランス/ルクセンブルク/ベルギー・2013年) [面白かった映画]

 監督はエレーヌ・フィリエール。
 原作はフランスの作家レジス・ジョフレ。
 脚本はエレーヌ・フィリエール。
 主演はレティシア・カスタ。
 美しい人妻が、著名な金融投資家から、愛人として雇われる。金融投資家はSMを好み、自分はM、愛人にS役をさせる。人妻は次第に、異常なプレイにのめり込んでいく。やがて、現実と妄想の世界に揺れながら、危険な行為がエスカレートしていき、死の結末を迎えることに。
 現実には経験がないが、小説や映画でのSMの世界は、ちょっと興味を引かれる。銀行家の邸宅の地下で繰り広げられる衝撃的なプレイは、感情移入はできるが、感覚移入はイマイチ。人妻と夫との関係は、あえて説明を省いた意図は感じられるが、やや、もの足りない気もした。
 現実にフランスで起きた事件の小説が原作ということだが、フランスならありそう、というリアリティのある世界。
 ただし、ヘンな邦題に興醒め。原題は『UNE HISTOIRE D'AMOUR』。愛の物語、の意味。原題と映画内容をよく吟味して、邦題をつければいいのにと思う。(多分、ストーリーを読んだだけで邦題をつけたか、映画を観ていても、感性の鈍い、感受性の乏しい、無能でセンスのないと言いたくなる映画輸入会社社員。)
 フランス出身の女優レティシア・カスタが、セクシーで魅力的だった。 
 エロティシズム+サスペンス+スリラーの面白さは、それなりに堪能できた。

12-4.gif


共通テーマ:映画

超高層プロフェッショナル (アメリカ・1979年) [面白かった映画]

 監督はスティーヴ・カーヴァー。
 脚本はリー・チャップマン。
 主演はリー・メジャース。
 超高層ビルの建築を請け負った会社が、さまざまなトラブルやプレッシャーを乗り越えて、完成されるまでが描かれる。
 作業員たちは超高層ビル建築の仕事の経験がある者ばかり集められたが、タンクの爆発があったり、爆風で高層階から落下して亡くなる事故も起こる。
 作業員同士の人間関係や、男たちのプライドなども伝わってきて、無事に完成するのかどうかとハラハラさせられる面白さ。
 現代ならコンピューターを駆使して、もっと短期間に、もっと安全に建築できるのかもしれない。敵対する人間の嫌がらせや困難にぶつかりながらも、1つの目標に向かって行く作業員たちの勇気や気概を感じさせられるシーンなどが面白かった。


tentoumusi.png


共通テーマ:映画

パリジェンヌ (フランス・1961年) [面白かった映画]

 監督はジャック・ポワトルノー、ミシェル・ボワロン、クロード・バルマ、マルク・アレグレ。
 脚本はジャック・ポワトルノー、ジャン・ルー・ダバディ、ミシェル・ボワロン、アネット・ワドマン、クロード・バロア、クロード・ブリュレ、マルク・アレグレ、ロジェ・ヴァディム。
 主演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ダニー・サヴァル、ダニー・ロバン、フランソワーズ・アルヌール。
 パリジェンヌの恋を描いた、4本のオムニバス映画。
 第1話は、パリの踊り子がヒロイン。第2話は、有閑マダムがヒロイン。第3話のヒロインは、ニューヨークに住むパリジェンヌ。第4話のヒロインは、女子学生。
 どれもパリとパリジェンヌの雰囲気を堪能できるが、第4話で、若いカトリーヌ・ドヌーヴが、大人の恋に憧れ、恋人とめぐり逢う女子学生を演じた短編が印象的。撮影時、カトリーヌ・ドヌーヴ19歳、映画初デビュー作品。『シェルブールの雨傘』の2年前である。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

傭兵奪還 (アメリカ・2013年) [少し面白かった映画]

 監督はブライアン・A・ミラー。
 脚本はクレイグ・フェアブラス。
 主演はクレイグ・フェアブラス。
 主人公は傭兵のウォーカー。傭兵とは報酬をもらう条件で雇われた兵士のこと。
 仕事中だったウォーカーは、娘のサマンサの死を知らされ、安置所へ行く。遺体は娘ではなく、見知らぬ女だった。ウォーカーは娘が住んでいたアパートへ行き、部屋に遺されていた携帯電話の履歴にある、モースト・インダストリー社へ出向く。社長は、サマンサを知らないと答える。引き下がらないウォーカーと会社の警備員が揉めて乱闘に。警察に逮捕されたウォーカーは、間もなく釈放されるが、モースト・インダストリー社の社長に疑惑を抱き、真相を追求して行く。
 主演俳優が脚本を担当。やや荒削りな感じだが、それなりに面白いサスペンス・アクションだった。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

マイ・ガール (アメリカ・1991年) [面白かった映画]

 監督はハワード・ジーフ。
 脚本はローリス・エレワニー。
 主演はアンナ・クラムスキー。
 主人公は11歳の少女ヴェーダ。ヴェーダが誕生と同時に、母は病死。葬儀屋を経営する父と、老人性痴呆症の祖母との3人暮らし。遺体に死に化粧するメークアップ担当者として雇った若い女性シェリーが現れ、父と親密な関係に。最初は嫉妬から反発していたヴェーダは、次第にシェリーに心を開く。ヴェーダが毎日会う一番の友達は、幼なじみのトーマス少年。何か起こるたび、トーマスにすべてを話している。 
 ヴェーダの淡い初恋の相手は、詩の教室の教師ビクスラー。大人の彼には、すでに婚約者がいて、ヴェーダは失恋。父とシェリー、詩の先生と婚約者。大人の恋に憧れながら、おませなヴェーダは、自分に想いを寄せているトーマス少年にキスをする。トーマス少年は舞い上がって、ヴェーダが森の中で紛失した指輪を1人で探すが、思いがけない事故で生命を失ってしまう。
 将来は作家志望で、詩の教室に通う費用を、こっそりシェリーの貯金箱から拝借してしまい、後日、告白すると、ヴェーダが将来作家になって1冊目の本をくれたら許してあげると、やさしいシェリーの言葉。
「わたしがママを殺したの」と、ヴェーダが言う、ドキッとするような言葉や予想外のシーン、コメディ・タッチのシーンも。 
 トーマス少年の死後、彼への想いを詩に書き、教室で朗読するシーンは、胸を打たれるような気がするほど。
 毎日、一緒に遊んだトーマス少年の代わりに、同世代の少女が誘いに来て、2人で自転車に乗って遊びに行くラストシーンは、この上なく素晴らしくて感動したし、この映画は本当によくできている、ていねいに撮影されていると思った。
 ヒロインを演じたアメリカ女優アンナ・クラムスキー。11歳の時の撮影。利発で、おませで、感受性豊かで、魅力的な少女を演じて適役中の適役。
 全編に何度も流れる主題歌の『My Girl』。アメリカのコーラス・グループのテンプテーションズが歌った、1960年代のヒット曲と、後で知った。聴いたことのある曲だったが、この映画の主題歌として、この上なく効果的。YouTubeで聴いてみた。
 面白くて感動的なこの映画を撮影したハワード・ジーフ監督は、映画作品は少なく、テレビコマーシャル・ディレクターで、広告写真家でもあったということを知った。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

卍 (日本・1964年) [面白かった映画]

 監督は増村保造。
 原作は谷崎潤一郎。
 脚色は新藤兼人。
 主演は岸田今日子と若尾文子。
 主人公の園子は上品でしとやかな人妻。小悪魔的な魅力の光子と惹かれ合い、心身共に愛し合うようになる。園子の夫の弁護士・柿内孝太郎は妻の愛に満たされず、やがて女同士の2人が愛し合っていることに気づく。嫉妬と妄想にかられ、苦悩しながら柿内孝太郎は、光子に惹かれていく。妻の園子への愛も変わらないため、妻と光子から翻弄されるような日々が続く。やがて3人は睡眠薬自殺を図るが、園子だけが生き残ってしまう。
 芸術作品と言える数少ない日本映画。文芸映画が得意な増村保造監督、独特の魅力を持つ2人の女優、さらに原作の面白さもあるが、何より脚色の素晴らしさに感動させられた。
 作品リストを見ると、脚本家でもあった新藤兼人監督が、脚本・脚色を多く担当していた時代。その後も監督・脚本を担当しているが、より多く書いていたころ。全く無駄のないセリフ、刺激的で衝撃的なセリフや、キャストの表情・しぐさ・表現、効果的な場面展開や背景など、どこまでも詩的で文学的で現実離れしているのにリアリティに満ちたそれらに、その世界に、いつの間にか呑み込まれてしまう、溺れてしまう、酔わされてしまうような気がするほど。
 谷崎潤一郎原作の映画は何本もあって、ストーリーや登場人物たちの面白さや、俳優の魅力が引き出されている作品が多いと感じるが、映画としては、この『卍』が一番素晴らしい、最も深い味わいのある芸術作品だと私は思う。 

tentoumusi.png


共通テーマ:映画

フォーカス (アメリカ・2015年) [面白かった映画]

 監督と脚本は、グレン・フィカーラと、ジョン・レクア。
 主演はマーゴット・ロビーと、ウィル・スミス。
 プロ詐欺師のニッキーは、30人もの詐欺師グループのボス。大金を狙えるカジノなどで、大がかりな計画による悪稼ぎを重ねている。
 そのニッキーが詐欺師と知らず、近づいて騙そうとした女詐欺師ジェスを、グループに入れてノウハウを教えるうち、2人は恋に落ちる。
 1人での詐欺師と違って、集団での計画実行など、まるで手品を見せられるような面白さがあった。意外な結末になるラストシーンも面白いクライム・サスペンス。
 女詐欺師役を演じた、オーストラリア出身の女優、マーゴット・ロビーが、とてもきれいでセクシーで魅力的。ルックスだけでなく演技もいい。ニッキー役のウィル・スミスは不適役というほどではないけれど、悪役詐欺師をスマートな雰囲気とルックスの俳優が演じたら、この映画はもっと面白くなると思った。

tentoumusi.png


共通テーマ:映画
前の10件 | -